© 2017 by UTA

May 10, 2019

January 28, 2019

January 16, 2019

January 16, 2019

January 16, 2019

January 16, 2019

Please reload

最新記事

ムーの洞窟

May 10, 2019

 

言葉を持たない部族の2人がジャングルにいる。蛇が2人を見ている。
二人は、毛むくじゃらの双子。片割れは、血だらけで体は華奢で背骨は、極度にひん曲がっている。げっそりした彼だが眼光は、しっかりとしていて何かを悟ったような知性を感じられる。双子のうちのもう片方は、しっかりとした体つきでいかにも原始人といった感じ、そしてなにかについて怒っている様子。二人は、行きたい方向が違うようでお互いの腕を引っ張りあいながら押し問答をしている。その様子を蛇が見ている。二人が引っ張り合いをしていると蛇がいつの間にかそばにやってきて体の弱い方の男の足を噛んでしまう。片割れは、瞬時に蛇を掴み、投げ捨てて岩で殺すした。ぐったりしてしまった血だらけの弟を抱きながら兄は、「ムー」と叫んだ。2人は、目を合わせた。息絶え絶えの片割れがもう一人の腕に抱かれながら「ジャー」とか細い声を出した。

 

その狩猟採集部族は、全部で7人。女が3人で男が4人だった。厳しい自然の中で7人の部族が生き延びるために自然と生まれた男女の役割があった。女たちは、狩猟のための槍を研ぎ、木ノ実を採集するのが仕事で、男たちは、動物を狩猟するのが仕事だった。ムーとジャーは、双子だった。言葉のない部族だったが二人は、お互いをそう呼び合っていた。ムーは、やせっぽちで背中が極度にひん曲がっていて、体に障害があった。狩りで成果を上げられないムーは、いつも仲間はずれにされていたがジャーがいつもムーを気にかけていたため、なんとか部族の中でも生き延びていた。

 

運動神経のないムーだが、狩猟の時のムーの役割は、獲物を探すことだった。ムーは、体が弱い代わりにとても記憶力がよくて、鳥やイノシシ、蛇などの獲物の巣をよく知っていた。ムーが獲物を見つけてきて他の3人が殺すという具合に役割が自然に形成されていたのだ。獲物を見つけるといつもムーは、「ムー」と叫んだ。4人はいつもたくさんの獲物を捕まえることができた。獲物を見つけるムーも偉いが、実際に狩りをする3人の方が、部族の中では力があった。ボスとナンバー2は、いつもムーの分け前を少なくみつもっていたし、部族のなかでそれは当然のことのようになっていた。狩りの動向を見ていないから実情がわからない女たちも、ムーを卑下して考えていた。しかし、ジャーだけは、そのようには思っていなかった。そして、できるだけムーに分け前を与えるように仕向けていた。だからムーは、部族のなかで生き延びることができたのだ。

 

満月の晩、皆がそれぞれの寝床で寝静まった頃、ボスが女1と交尾を始めた。静かに交尾をしている二人だったが、ムーは、起きてその光景を草むらから黙ってにのぞいた。その光景を見ながらムーは、マスターベーションを始めた。射精した瞬間、木の枝を踏んでしまい音を出してしまったムーは、2人に気づかれてしまった。激怒したボスがムーを張り倒し、ムーのマウントをとってタコ殴りにした。血だらけになったムーは、松明を持ってその場から逃げた。逃げた場所は、洞窟だった。ムーが洞窟の中で横たわっていると、血が岩に滴りおちる。岩の表面を血が流れていくのを見ながらムーは、なにかを思いついた。

 

翌朝、いつもの寝床にムーがいないことに気づいたジャー。事情を知っているボスであったがその日は、ナンバー2とジャーをつれて3人だけで狩りに出かけた。今回は、ジャーが先頭にたって、獲物を探すようになった。ジャーは、なかなか獲物を見つけられなかった。普段より狩りの収穫量は、少なかった。いつもどっさり獲物を捕らえて帰ってくる男たちは、バツが悪そうだった。ジャーは、とても悲しかった。次の日も獲物は、見つからなかった。

 

夜な夜な、ジャーは、行方不明になったムーを探して、松明をもってでかけた。ジャーは、ムーを探し回った。2日後、ムーは、洞窟のそばの川で水を飲んでいた。「ムー」と叫ぶジャーの声に気づく。ムーは、声のする方に近寄った。ジャングルの中でジャーがムーを見つけた。

 

ジャーがムーを部族の元へ連れ帰ろうとムーの腕を引っ張るが拒んでいる。その様子を蛇が見ていた。二人が引っ張り合いをしていると蛇がいつの間にかやってきてムーの足を噛んでしまった。ジャーは、瞬時に蛇を掴み、投げ捨てて岩で殺した。ムーは、ぐったりしてしまった。ジャーはムーを抱きながら、「ムー」と叫んだ。ムーは、弱りながらも腕をあげ、洞窟の方を指差した。ムーは、洞窟の方を指差したまま死んでいった。泣き叫ぶジャー。

 

しばらくして、ジャーは、気になって洞窟の方まで歩いていった。入り口に着くと何かを感じとったジャーは、恐る恐る松明を持って奥まで入っていった。ジャーは、壁に何かが描いてあることに気づいた。びっくりしたジャーは、洞窟を出て、部族の元に帰っていった。ジャーは、部族の元に戻ると皆を呼ぶために「ムー」と叫んだ。声に反応したボスとナンバー2は、松明を持ってジャーについていった。洞窟の前に倒れているムーの亡骸のそばに集まった3人。神妙な面持ちのボスとナンバー2をジャーは引き連れて洞窟の中に入っていった。壁には様々な動物の姿と狩りをしている4人の人間の姿が描かれている。その絵を見てドキドキした3人。4人のうちの一人は、背骨が極度にひん曲がって描かれている。そのことに真っ先に気づいたジャーは、指をさしてムーと叫んだ。興奮しながらうなづく男二人たち。絵の中のジャーらしき人物を指差してジャーは、ジャーと叫んだ。初めて言葉の意味を悟った男二人は、自分たちの呼び名を考え始めた。その晩、様々な単語が生まれた。そして、彼らは、数日のうちに獲物を狩るための作戦会議をできるようにまでなっていった。言葉を持たなかった部族が言葉を持つに至った瞬間である。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square