top of page

自由と規律


ある番組のリサーチの一環でサルバドールダリのインタビューを翻訳したことがあった。ありとあらゆる質問に対してシュールレアリスムの作家サルバドールダリが生み出す回答は、徹頭徹尾わけのわからないものだった。大きなキャンバスを縦横無尽に飛び回る筆跡と同様に彼が生み出す言葉は、意味を持たずとも突然煌めいたり、突然どんより重くるしくなったりもした。それは終始子供の遊びじみていていい加減にしてくれと言いたくなるほど翻訳する僕をイラつかせた。ただ、インタビューの最後に自由とはなんですか?と聞かれたダリは「自由とは形の無いものだ」と初めて意味のある言葉を述べた。


僕は、どちらかというと自由な身で自由な人生を歩んできた方だと思う。だから理解はできた。でも共感はなかなかできなかった。10代の終わり頃、経済的な自由を与えられて僕は何を主体に生きていこうか逆に分からなくなった時代があった。そんな僕にとってもっともしっくりくる言葉をサン=テグジュペリが夜間飛行という小説の中で述べている。


I am especially grateful to him for bringing out a paradoxical truth which seems to me of great psychological import; that man’s happiness lies not in freedom but in his acceptance of a duty.


要約すると 「人間の幸福は自由ではなく、義務を受け入れることにある。」と語っている。社会性ある大人な見解だと思った。こんな言葉を声を大にして言えるかっこいい大人になりたいと思った。


一定の決められたことをするのが得意な人とアドリブが得意な人がいる。僕はどちらかというとアドリブが得意だ。でもアドリブだけで生きるのは、ダリほどの才能がない限り難しい。かといって戦闘機に身を投じる事に己の義務を見出し戦い続けるほどの度胸と規律を自分に持つことは難しい気がする。


僕の理想のパートナーがいるとしたら、多分決められたことをするのが得意な人だと思う。足りないことを埋め合える間柄を形成できたらと思っている。「守りたい、支えたい、一緒に生きたい。」そんな愛するパートナーがもし仮にできたなら僕はその人を必ず幸福にしたい。

Comments


最新記事
アーカイブ
まだタグはありません。
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page