© 2017 by UTA

January 28, 2019

     October 1886, the Normanton, an English vessel sank off the Kishu coast.All of English crews on board escaped while all 23 Japanese passengers drowned. The captain was accused of the death of Japanese passengers but a court by an English council determined the def...

January 17, 2019

     I spent time with my nephew and niece who seriously played hard during the New Year's holidays. I gained plenty of energy playing with them.

   I will be 34 years old this year, but I do not want to be defined by words like "mature" or "sophisticated" for...

January 16, 2019

A few years ago I visited a church in Brooklyn for reasons.

When I opened the entrance door, I saw a beautiful sight I've ever seen and deeply felt salvation.

I am not Christian though.

Since then I respect every religion.

I do not know if God exists, but I would like to...

January 16, 2019

    When you go along the tree lined path way of Bryant park, you can hear a rhythmically bouncing sound… The balls are weltered by sudden wind and people quickly move right and left. The ping-pong tables in Bryant park are surrounded by a variety of people. A young mo...

January 16, 2019

東日本大震災に関する被害状況のまとめと、日本の政治状況を含めた今後の展開などについて伝えた記事。ニューヨークで震災とどのように接したか自分の個人的な体験もつぶさに説明した。また、核エネルギーについてや、米軍に対するおもいなどアメリカ人に知ってもらいたい事柄を簡潔に訴えるように心掛け執筆した。

記事詳細 

https://fordhamobserver.com/4576/news/yuta-aoki-reflects-on-aftermath-of-japan-disasters/

January 16, 2019

本能に身をゆだね、トレイルへ行こう。
清らかな水の音に耳をすまし、今まで

見たことのない光景に目を見張る。
緑豊かな深い森の中で、それまでいた都会の音がかすかに耳から抜けていく。
そして、だんだんと無音の森に五感が慣れてくる。
そこには、未知なるトレイルがある。その先には、何があるのだろうか。
そこから見える景色がどんなものかをこの目で確かめてみたい。
そんな欲求が私たちの足をトレイルへと踏み出させる原動力となる。

グレゴリーのバックパックは、体にフィットする。
ユーザーと共にこれまで果てしなく長いトレイルを歩き、
高峻な山々を登り、最...

January 11, 2019

Painting by UTA

It is a work depicting the space between the world of imagination and the real world. The world of imagination is spread beyond the gate which has a perfect circle shaped object. In the world of imagination, various creatures are placed in an ideal form,...

January 4, 2019

年末年始、本気で遊ぶ甥と姪に接しました。一緒に遊ぶことでエネルギーを沢山もらいました。僕は、今年34歳になりますが、「成熟」とか「洗練」とかいう言葉は、しばらくは無縁でいたいです。幼い頃の僕にとって34歳は、立派な大人で何かをやり遂げるための準備が全てできているような人間を思い浮かべていました。でも今思うことは、一生人間は、完成されないのだということ。これからも新しいものに接し続けながら違う価値観の人間になりたいと思います。もちろん自分の欠点は、認めて補っていくつもりですが。それを成長と呼ぶのか変化と呼ぶのか分かりませんが、気まぐれ...

Please reload

最新記事

May 10, 2019

January 28, 2019

January 16, 2019

January 16, 2019

January 16, 2019

January 16, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Instagramの社会のアイコン